BLOG スタッフブログ

HOMEスタッフブログ職人の手仕事 Vol.1

職人の手仕事 Vol.1

―こだわりは徹底的に―

 

見えない部分だからこそ。「こだわりは徹底的に」

 

まず、鉄筋からして違います。鉄骨造やRC造で用いられる16ミリ幅の太い鉄筋を主筋に使用し、

 

それを150ミリ間隔で井桁状に組んでいきます。

 

一般的な木造住宅であれば13ミリ幅の主筋を200~300ミリ間隔で組むのが通常なので、

 

この時点でも耐久性・耐震性に差が出ます。

 

さらに、基礎の厚みをすべて150ミリにして安全性を高め、床を受ける部分もアンカーボルトでしっかり固定します。

 

地中深くに潜った「地中梁」と一体となって剛性を高め、軟弱地盤でもゆがみません。

 

また、鉄筋を覆うコンクリートの質にもこだわりました。セメントの量を増やして強度をアップ。

 

頑丈な鉄筋と硬いコンクリートで建物をしっかり、がっちり支えます。

 

 

●基礎職人 武田健児 談

 

 

―今日はここまで―

次回の職人の手仕事Vol.2をお楽しみに*

 

 

家づくりのご相談などはお近くのグラウンドホーム展示場にてお待ちしています!

展示場では見ることのできない【リアル】な完成現場見学なども開催していますのでぜひご参加ください*

 

~開催中のイベント情報はコチラから~

https://www.groundhome.com/events/

このブログを書いた人