BLOG スタッフブログ

HOMEスタッフブログ質の良い睡眠を得るためには、寝室環境は重要

質の良い睡眠を得るためには、寝室環境は重要

こんにちはつくば店です

「どうせ、眠るだけの部屋だから…」などと言わず、質の良い睡眠を得るために睡眠環境を

整えることが大切です  寝室は、ただ寝るだけの場所ではないかもしれません

寝室環境と一言でいっても、様々な要素で成り立っています

考えられる要素としては、まず「寝室」そのものに始まり、「広さ」、「室温」、「湿度」、

「照明の明るさ」、「音」、「香り」などに至るまで多くのものがあります

上記で掲げたうちの一要素でも工夫することによって、安眠できて快適な状態や

睡眠空間が得られるならば、取り組んでみる価値があるのではないでしょうか

💤💤💤
基本は・・・・・・

リラックスして落ち着くことのできる空間と雰囲気

心地よく感じられる温度・湿度

入眠や睡眠を妨げない音環境

入眠時の明るすぎない光 (起床時の自然な光)

この様な物理的な環境条件を睡眠に適した状態に整備することで、

寝つきやすく質の良い睡眠を得ることができる一つの方法です

夫婦で語り合えるスペースを設けてはいかがでしょうか?

睡眠時間の長い人、短い人、季節でも変化、8時間にはこだわらない

成人の場合、6~7時間が睡眠充足の目安です

💤 💤 💤 実際 歳をとると必要な睡眠時間は短くなります

不眠症の方へおすすめします(快眠のための工夫いろいろ)

リラクゼーションのための自律訓練法(専門家のサポートを受ける)
リラクゼーションのためのストレッチング(専門家のサポートを受ける)

リラクゼーションのためのアロマテラピー(心地よい眠りのために…おすすめの香り)
リラクゼーションのためのヒーリングmusic(心地よい音楽は精神的なリラックスを導き、
眠りを誘う効果的な方法の一つです)

快適な寝具を選ぶ(専門家のサポートを受ける)
快眠の妨げとなっている日頃の行動や環境を見つけ出す(専門家のサポートを受ける)

夜食、特にタンパク質の多い食事は、睡眠の妨げとなるので、空腹で寝つけない時は消化の良いものを少量に

🌙 🌙 🌙 早寝早起きでなく、早起きが早寝に通じる

不眠というわけではなく長時間眠っても日中の眠気で仕事・学業に支障がある場合は専門医に相談。

過眠症という病気が隠れている場合があります。

窓が有るか無いか
眺望が良いか悪いか

枕の向きはどっち
書斎が有るか無いか

WICが有るか無いか
バルコニーが有るか無いか

布団(和室)かベット(洋間)か
TVが有るか無いか

👂 👂 このように色々とお尋ねし、考えながらご提案をさせて頂いております

どのような事でもご相談ください

質を求めて一緒に造る住宅

やはり注文住宅は付加価値が違ってきます

つくば店でお待ちしております🖐

このブログを書いた人