RECRUIT採用情報

HOME採用情報社員インタビュー
森江 一樹

社員インタビュー #01

Kazuki Morie 森江 一樹

住宅営業 / 水戸店 店長

私たちの仕事は、お客様が現在のお住まいで抱えている課題や悩みを解決し、
希望のお住まいを実現するお手伝いをする事です。

「新しいお住まいでどんな生活イメージを描いているか」を丁寧に聞き取って、それをお互いに共有していくことを大切にしています。共有したイメージをもとにお客様への提案をする際には、常にメリットとデメリットの両方を考えるように意識し、提案の際にメリットだけでなくデメリットもお伝えすることでお客様が思っているイメージになるのか、なったとしてほかに弊害はないのか、などを検討できるようにお話ししています。建物が完成してお引渡しが終わった後に、更には、長く住んでいただいた後に、「建てて良かった」と思っていただけることを目指しています。

私は新卒から入社でしたので、初めてのことばかりの中で戸惑いも多かったですが、信頼をしてくれる社長・先輩方に支えられ乗り越えてきました。現在もまだまだ勉強中ですので、専門の知識は、専門の人に分かるまで繰り返し教えてもらい知識を増やしています。 お客様のお引き渡し時に「森江さんに任せて良かった。」「これから住んでいくのが楽しみです。」との言葉を頂いた時が一番の喜びです。次からのお客様を完成まで導く活力になっているといえます。

お客様の理想のマイホームをご提案し、お引き渡しまでの時間を共有させて頂ける事が何よりも幸せです。そしてなにより、家族みんなに喜んで頂ける!そんな仕事を私たちはしています。

仕事の流れ

社員インタビュー #02

Tatsuya Kawasaki 川崎 達也

住宅営業 / ひたちなか店 店長

川崎 達也

住む人が、一生を共にする「家(住まい)」を設計するということは
とても責任のある仕事だと思います。

私が担当する住宅設計の業務内容としては、平面図・パースの作成や3Dのプレゼンテーションソフトを用いたお客様との打合せ、積算業務や見積の作成などがあります。

建物外側や室内側からの見え方を整えるために、サッシや室内ドアの大きさや高さのバランスをみたり、使い勝手を考えて棚の奥行きや高さを指定する等、より細やかな設計なども行います。
おそらく、大半の方にとって、人生の中での一番大きな買い物が「家(住まい)」です。
住む人が一生を共にする「家(住まい)」を設計するということは、とても責任のある仕事だと思います。

お客様の理想のマイホームをご提案し、お引き渡しまでの時間を共有させて頂ける事が何よりも幸せです。そしてなにより、家族みんなに喜んで頂ける!そんな仕事を私たちはしています。

仕事の流れ
佐々木 成江

社員インタビュー #03

Narue Sasaki 佐々木 成江

インテリアコーディネーター
土浦店 コーディネータ―

コーディネーターの仕事は住まいのイメージや使いやすさを決める大切な仕事と思っています。

私は、お客様の考える住まいのイメージがどういったものなのか、例えば「落ち着いた空間がいい」、あるいは「明るい空間にしたい」など、いろいろなことをお聞きして、少しでも理想の家に近づけたいと思っています。お客様の好きなものや持ち物なども聞きながら、インテリアも含めた全体的な調和を考え、色や素材のバランスを決めていくようにしています。
内容を決定する際には、デザインだけでなく、使い勝手や家での過ごし方、動線計画など、細かい所まで配慮するように心がけています。住まいは見た目も大事ですが、やはり使いにくくては・・・、ですので。

最近は、平面図だけではイメージできない細かなことを、3DソフトやJWWで作成した資料を使って提案しています。お客様の理想のイメージに近づけていくため、自由設計ならではの材料選びに加えて、収納するもの、置くものなどをお聞きして、棚の取付高さ・引き出しの高さや奥行きなど、細かな所まで決めていくようにしています。お客様と話し合いを重ね、一緒にすてきなお住いを作り上げていく打合せの時間が何よりも楽しく感じています。

実際に出来上がった住まいをみると、手洗いボウルや水栓金具、壁紙1つ見ても、あのときお客様とあれでもない、これでもない…、これだ!と、理想の家に近づけるために考えていてようやく決めたなあと打合せしていた頃を思い出します。

お客様のご要望をカタチにするために色々な資料を調べ、お客様の要望+αの提案をプレゼンし、「これいいね!これにしよう」と言われたとき、私の限界を引き上げてくださるのはお客様だなと思います。

仕事の流れ

社員インタビュー #04

Naoki Tomobe 友部 直喜

現場監督

友部 直喜

グラウンドホームでの施工管理の魅力は、
住宅だけではなく、大規模の建築物の工事も担当できることです。

私が建築の道に進んだのは、父が大工の仕事をしていたのがきっかけでした。小さいころから父が作業場で木材の加工をしている姿や、建築現場で家を建てるのを見たりすることがあり、自然と建築の仕事に関心がわいてきたのだと思います。最近は身近なスマートフォンやゲームなどのIT関係の仕事に関心を持つ人も多いと思いますが、木材などの自然の素材を使ってモノづくりをする仕事は、私としてはこの上ない充実感を与えてくれるものと感じています。グラウンドホームでは、できるだけ工業製品の建材ではなく、自然素材を使うようにしているので、きっとお客様にも喜んでいただけると確信しています!

また、現場のおさまりを大工さんや職人の方に指示するための施工図の作成も楽しくやっています。もともと、建築の学校で製図の勉強もしていたので、事務作業もあまり苦になりません。施工図の作成では、職人の方が確実に工事できるように作業性を考えるのは当然ですが、仕上がったときの見え方、完成してお客様が使う際の使いやすさや壊れにくさなども考えるようにしています。少々お金がかかるとしても、きちんとしたものを作りたいと思います。

グラウンドホームでの施工管理の魅力は、住宅だけではなく、大規模の建築物の工事も担当できることです。住宅の場合には建物を使う人が限られているのですが、保育園などの大規模な建築物の場合は、たくさんの人が使う建物なので、誰もが使いやすくいものを作らないといけません。配慮する部分がそれぞれの建物で変わってくるので、仕事の面白さも倍増です!

仕事の流れ

素直な心とやる気があれば必ず成長できる環境がグラウンドホームにはあります。
楽しくなければ仕事ではないという言葉が合言葉のように使われている職場です。
スタッフがいきいきと自分の意思でお客様の幸せの為に働いています。